ポケモンサン・ムーンのあらかじめダウンロードが解禁

ポケモンサン・ムーンの発売まで三週間を切った11月1日、ポケモンサン・ムーンの「あらかじめダウンロード」が開始されました。

これまでのポケモンシリーズでは、発売日にダウンロード版ソフトをサーバーからダウンロードしようとすると、アクセス過多によって手元の3DSにスムーズにDLすることができず、ゲームのプレイ開始までに時間がかかってしまうことが頻発していました。

今回はそういった問題を回避するべく、ソフトの正式な発売日である11月18日以前にダウンロード版のソフトを購入し、発売日を迎えるまでにソフトの大部分をダウンロードしておくことで、発売日になると同時にすぐにプレイできるようになります。

ソフトダウンロードの注意事項

公式でもアナウンスされていますが、今回のポケモンサン・ムーンはソフトデータの容量が3.2GBあり、SDカードに大きな空きが必要となります。

特にサン・ムーンの体験版からポケモンを連れてくる場合にはさらに400MBが加算されるので、それも加味して残りのSDカードの容量を見ておく必要があります。

小さい容量のSDカードではすでにデータが入っていたりすると収めることができないので、別途SDカードを購入しておきましょう。現在はSDカードの値段も下がってきており、Amazonで16GBのものが1000円程度で販売されているので用意するのもそれほど困難ではありません。

ちなみに、現在使用中のSDカードの残り容量は、3DSのMENU、本体設定からデータ管理を選択し、3DSデータ管理を開くと確認することができます。